闘うブログ!レフティ中尾 社会派!

福祉を主なテーマに書いています。よろしくお願いします。

NHKBS1で衝撃的報道。ウクライナ軍がウクライナ人を攻撃、子どもたちを殺りく?ドンバス州で何があったのか

戦時の報道はほとんどがプロパガンダと言えます。ウクライナ戦争でも同じことです。ウクライナウクライナの都合の良い情報を流し、ロシアも同様に自国の宣伝を発信します。日本は主に(いや、全てか)ウクライナ発のニュースを報じます。ところが2022年6月24日にNHKBS1でフランスのメディアによるニュースが紹介されました。ドンバス州のリシチャンシクの映像です。ロシア系のウクライナ人が住んでいる地区です。人々はロシア軍から支援物資を受け取っています。

フランスのメディアのクルー「ウクライナ軍に敵意を抱く住民とはどのような人たちなのでしょうか。リシチャンシクに残っている住民はそうした人たちです」

リシチャンシクの市民「私たちを攻撃して子どもたちを殺しているのはウクライナ軍です。プーチン大統領の軍を待っているとハッキリ言います。ロシア人は私たちの友人です。彼らと一緒になりたいのです。ロシアが勝利して権力を掌握するのを望んでいます」

テレビクルー「彼らはロシア軍が解放してくれることを待ち望んでいます」

これをフランスのテレビ局が報じて、NHKがそれを発信することは、衝撃的です。繰り返しますが、戦時の報道ですから全てが正しいとは言えないでしょう。しかし、フランスはNATOに所属しています。日本も全面的にウクライナ支持のはずです。それなのにロシア軍の侵攻を正当化する報道をしたのです。SNSでも激震が走っていますし、また多くの人は(都合が悪いため)沈黙しているのです。

ドンバス州はもともとロシア系の住民が多く、一説では8年前からウクライナ軍に攻撃されています。その中心の「アゾフ大隊」は日本の公安調査庁からも「ネオナチ」だと認定されています。ネオナチはナチスと違い、ユダヤ人を排斥するのではなくて(イスラエルにもネオナチはいます)白人至上主義なのです。アゾフ大隊はロシア人を嫌悪して攻撃の対象としています。ウクライナにはウクライナの正義があるように、ロシア側にも言い分があるのです。単純に片方が善で、もう一方が悪とは言えないのです。

そう言えば、ここ数日ウクライナ報道が明らかに減っていました。嵐の前の静けさではありませんが、何かが近日中に起こるのかも知れません。私個人としてはロシアびいきでもウクライナ支持でも無いのですが、一刻も早く和平が進んでくれることを願います。そして民間人たちの安全を保障して欲しいです。今後の報道に注目します。

 #ウクライナ戦争

 #ウクライナドンバス州

 #NHK

3勝8敗!東京地裁、生活保護基準引き下げ訴訟原告勝訴。生活保護を巡る偏見とバッシングを分析します。

「闘うブログ」では生活保護制度について何度も取り上げました。生活保護の受給者はもちろん、医療や年金にお世話になっている方、低賃金で働いている方にも、生活保護基準は関係しています。生活保護制度を守れずに、その他の社会保障が守られるはずもなく、市場原理だけで全ての人の生活が救われることもあり得ないのです。

さて、Yahooニュースで生活保護の報道があると、コメント欄に生活保護バッシングが溢れます。これは単に生活保護制度をよくご存知ではないのが原因の一つです。中には意図的に間違った情報を発信している人もいるのかも知れませんが、いずれにせよ正しい知識を持たずにはまともな議論もできないでしょう。そこで匿名の方のコメントを勝手に引用して、批判を試みます。

①「生活保護受給者は無料で医療を受けている」

医療費は「現物支給」されていますね。「無料」とはニュアンスが少々異なります。ただ、そもそも医療費を支払うことができないことがキッカケで生活保護を受給される方が多く、この制度がなければ医療にかかることができない患者が激増します。なお、厚労省の調べでは生活保護の過誤の医療費は全体の1%程度です。ゼロではありませんがごく少額です。

②「生活保護受給者の生活費をプリペイドカードにして管理をすべき。アメリカのフードスタンプのように」

アメリカのフードスタンプは、生活保護ではなくて、低所得者に配られているものです。アメリカ人の約50%が利用した経験があって、金額としては月額13000円程度です。広く浅く利用されている制度です。また、生活費を管理する必要がなぜあるのかはよくわかりませんが、現金で支給した方が余計な手間が省けるのは言うまでもありません。まあ、何らかの事情で金銭の管理が難しい人にはケースワーカーが指導はしています。

③「外国人には生活保護を支給すべきではない。国へ帰るべき」

コメントの中には「外国人に生活保護を支給する国は存在しない」というデマもありましたが、欧州では移民たちがまずお世話になるのは生活保護です。そう言えば、来日したウクライナ人の生活費も、寄付金か生活保護しかないと思われます。日本語に馴染むまでは就労は困難でしょうから。

④「生活保護が必要かどうか審査をする人を育成すべき」

現在では福祉事務所がその役割を担っていますが、ご存知ないのでしょうか。

⑤「生活保護引き下げが違法かどうかは裁判官ではなく国民が決めるべき」

司法を否定したいらしいです。

⑥「生活保護受給者を施設で集団生活させろ。そこで就労させよう」

21世紀の日本で強制労働施設を作りたいようです。ナチスじゃあるまいし。また、生活保護受給者も働いている方は多いです。就労者がいる生活保護世帯は約12%です。

⑦「何らかの対策を講じないと生活保護によって国は財政破綻する」

社会保障給付費が約130兆円で、その内生活保護費は4兆円弱です。医療は21兆円、年金が55兆円ですね。生活保護が原因で財政破綻は考えられません。

⑧「高級車に乗っている受給者がいる」

そもそも生活保護受給者は車の運転は原則禁止されています。知人の車やレンタカーも運転できません。

⑨「真面目に働いて税金を納めるのがバカバカしい」

仕事を辞めて生活保護を受給すれば良いと思います。結構大変ではないでしょうか。ローンとか組めませんし。日本もなんだかんだ、働ける人が報われている社会だと思いますよ。

 #生活保護

 

 

 

 

 

 

障害者の生きる権利と貧困と生活の質について樺沢紫苑に問う

精神科医の樺沢紫苑のYouTubeを観ました。「仕事はせずに生きるだけの人生はダメですか?」というタイトルです。樺沢さんは以前から精神疾患の方が障害年金生活保護を受給することに強く反対をしています。理由はこれを受給すると「一生懸命に治そうとする気持ちが無くなる。社会復帰できる人も出来なくなる」からです。思うに、精神疾患は「一生懸命に治そう」しても治らないものです。むしろ逆効果にもなるものだと思うのですが。

さて、今回の動画では樺沢さんのご意見が少し変わっています。53歳の双極性障害の方の「働かずに生きる人生はダメなのでしょうか」という質問に「何十年も治療してきた人の選択肢」として生活保護障害年金で生活をする人生を肯定的に述べています。

いや、この先生は現場をよく知らないのでしょう。なぜなら、働きながら生活保護障害年金を受給されている方は大勢いらっしゃるのです。作業所(就労移行支援)で時給(工賃)100円程度で働いているのです。もちろんこれだけでは生活できないので、親にパラサイトするか、生活保護障害年金でカバーしているのです。多くの障害者は頑張りすぎていて、これこそ問題だと思うのです。

私たちの生活に、作業所で働く障害者は大きく貢献しています。街角で売られる激安のお弁当、コーヒー一杯100円とか150円の喫茶店、有名ブランドのアクセサリーなどは障害者が作っています。それなのに障害者はカツカツの生活しかできません。生活保護障害年金は金額的には充分とは言えず、また、それらを受給することにも高いハードルがあります。もちろん、障害をものともせずに、たくさん稼いでいる方もいらっしゃるでしょうが、残念ながらそれはごく一部の人です。

樺沢さんの考えでは闘病生活が5年10年経ってやむなく生活保護障害年金を受給することは「消極的に」構わないと言っているだけで、障害者の貧困、そして生きる権利を問題にしてはいないのです。

とりわけ精神科医には、樺沢さんのように障害者の「生活の質」を考慮しない方もいらっしゃいます。それをカバーするのが精神保健福祉士なのですが、彼らも質量ともに不足しているのが現状です。

「障害」を持つことが理由で貧困生活を送る人々が、もっと当たり前の生活ができるようにすること。ここにたどり着くのはまだ先の話なのでしょうか。そのためには障害者自らが声をあげることが必要でしょう。

そう言えば、障害者の国会議員が3名いらっしゃいます。大河原さん、木村さん、舩後さん。この方たちはみんなダメです。国会のバリアフリーとか、質疑や採決のデジタル化とか、自分たちのことしか頭にないのです。議員にもなれない貧しい障害者のためには働いていません。今後、変わることに期待はします。

 

 #樺沢紫苑

 #障害者の貧困

映画レビュー「トップガンマーヴェリック」この映画を観て好戦的になる国会議員と、沖縄戦とウクライナ戦争のちょっとした考察

その映画を観た米山隆一は焼肉を食べながらこうツイートしました。「私は、理不尽に私の自由を奪おうとするなら、自国に対しては勿論、他国に対してはより一層抵抗すると思います。他国に対して抵抗しながら自国に対して抵抗しない「極端な右」の在り方も、自国に対して抵抗しながら他国に対して抵抗しない「極端な左」の在り方も、私の在り方ではありません」

一緒に焼肉を食べていた室井佑月も「もしも日本が侵略されたら(略)もちろん残って抵抗する。ヨネもだって。でもこれって日本のリベラルに理解されづらい?」とツイートしています。二人とも、アメリカによるプロパガンダ映画にメチャはまり込んでいます。

なので気になって観に行きましたよ、映画館に。レディースデイなので女性客多めです。それは典型的なジェットコースタームービーです。ストーリーなどあってないようなものです。ヨーロッパのどこかの「ならず者国家」がウラン濃縮施設を稼働させようとして、それを戦闘機F-18で爆撃する作戦を行うべく米海軍のマーヴェリックがトップガン達を鍛えるのです。アメリカ合衆国バンザイ、という映画ですね。

この映画を観て血湧き肉躍るのもいいけれど、何故侵略されたら武器を手にして戦う話になるのでしょう。失礼ながらこのお二方、戦争をわかっていないのです。それは、侵略する側VS侵略される側という単純に図式化できるものではありません。ウクライナ戦争でも複雑な歴史的背景があるのと同じように、かつての沖縄戦も、一言や二言では語れない悲惨さがあるのです。

沖縄では住民ら(女性、子ども、高齢者など)はガマという洞窟に避難をしていましたが、日本軍の「命令」でそこを追い出されてしまいます。「ひめゆり学徒隊」も比較的安全なガマから退去させられます。その上、「鬼畜米英は女性を見かけたらレイプをするので、その前に自決しなさい」と手榴弾を渡されます。このように、沖縄戦の初期から日本軍は冷静さを失っていて、地元住民を守る気など、全くなかったのです。また、米軍に捕虜となった女性たちは手厚く保護されたのです。

だから仮の話として、日本が中国とかロシアなどから侵略をされても、自衛隊が我々を守ることは期待しないほうがいいのです。ましてや自衛隊に「オレも戦うから銃をよこせ」と言っても相手にされないだろうし、逆に銃を自分に向けられることだってありうるのです。だいいち、中国やロシアが日本を攻撃するメリットが何もありません。

米山さんの言う「極端な右」とか「極端な左」は理解不能です。普通は「右派」は伝統や格式を重んじる思想で、「左派」は、そうではなく平等と分配を重視する思想です。米山さんは「右派」を他国を抑圧する思想、「左派」は自国を抑圧する思想だと思ってらっしゃるのですね。ひどい誤解です。

だから、どこかの国と戦争になったなら、避難するか、あるいは投降するのが一番生き残れる確率が高いのです。それに、米山さんはウクライナから脱出した民間人を「何故戦わないのか、腰抜けだ。極端な左派だ」と言って無理矢理戦場に立たせるのでしょうか。(ゼレンスキー大統領は正にこのような総動員令を発しています)。国会議員である米山さんは、発言をもう少し慎重にしていただきたいものです。ええと何の話だったか、あっそうそうトップガンマーヴェリックで何故F-18という旧式の戦闘機が使われたのかは多分、小型で小回りが効くので山間の盆地にある基地を強襲するのに適していたからかなあ。そういう説明は無かったけれど。

 #トップガンマーヴェリック

 #米山隆一

 #室井佑月

 

 

 

ブックレビュー「よみぐすり」坂口恭平 死にたくなったら読もう、そして電話しよう

坂口恭平さんは、「いのっちの電話」というお仕事をしています。いや、収入が発生しないのでボランティアなのでしょうか。とにかく、ご自身の携帯番号を公表して、(よみぐすりの本の帯に書いてあります)「死にたい」人からの電話を受けています。坂口さんはきっと、タフでメンタルの強い、正義感あふれる人なのでしょう。ところが、坂口さんも実は「躁うつ病」らしいのです。私と同じ病気ですね。

私も一昔前ですが、同じような精神疾患をもち、クリニックで知り合った自死念慮がある友人に「24時間、いつ電話をかけてきてもいいから。死にたくなったら電話して」と携帯番号を伝えたことがあります。タクシードライバーだったので深夜も起きているのです。私の「いのちの電話」は、おひとり様限定でしたが、坂口さんの「いのっちの電話」は1日に30件ほどかかってくるそうです。1年で約10000件ですね。とんでもない量で、どうやって捌いているのか想像できません。

「よみぐすり」は坂口さんのツイートを編集者がまとめて本にしたものです。1時間前後で読める本ですが、中身は濃厚で何度も読み返したくなります。それは少々荒っぽい言葉ですが、優しさにもあふれているのです。

例えば、子どもたちへの温かい眼差しです。

「(子どもに)家の鍵渡す前におれの電話番号渡しといてよ。困ったらこの人に電話しなさいと。すべての鍵っ子たちをおれは気にしてる」

「子どもがなんでこんなにも自殺するようになったかを大人はちゃんと考えるべきだ」

「『いのっちの電話』を10年続けてきて一番感じるのが、10代のうちに自立する方法を身につけていたら大抵の問題はクリアできるということ」

「中1の娘のアオは昨日個展で、かなり稼いだのだが、それで一応聞いた。『人生は金だなって思った?』と。『いや、そんなわけじゃないけど、楽しいことは確か』と言った。『ちゃんと自分で稼いで、困っている人がいたらご飯くらいご馳走してあげなさい』と伝えた。アオはうなずいた。我が家はこのスタイルでいく」

「中1の死にたい子から電話きて、『おい、ちょい待て、お前まず会社やれ、おれ初期費用全部出すから』って話になった(笑)。そしたら元気になった(笑)」

日本の子どもたちは、必要以上に重いランドセル背負わされて、学習塾にも通い、受験に挑み、大学とアルバイトをがんばり、社会人になると奨学金を毎月返していくという人生が待っています。多くの人は努力をしてもあまり報われないのです。だったら「報われる」ことをすれば良いのです。中学生に起業をすすめることには賛否はあるでしょうが、そういう選択肢もありますよ、とアドバイスをする大人がいてもいいのです。

坂口さんはきっと、「いのっちの電話」をとても楽しんでいるのです。それが窺えるツイートを最後に紹介します。

「ほんとは死にたいと言っている人の家に行って、掃除をして、お風呂沸かしてあげて、おにぎりと卵焼き作ってあげて、洋服のスタイリングさせてもらって、髪も切ってあげて、香水選んで、行きつけの店を見つけてあげたい。一人一人に。きっと死なない。楽しくなっちゃう。金はかからん。おれも無償でいい」

さて、「よみぐすり」を読んで、私は今自死念慮はないのですが、トマトか何かを栽培できないかなと考えています。何かを続けていれば人生きっと楽しくなりますよ。全ての人に(子どもたちにも)「よみぐすり」をおすすめします。

 #よみぐすり

 #坂口恭平

 #いのっちの電話

 

 

 

生活保護受給者が自家用車を持つ方法

何故か生活保護受給者が車を持てるのかが、SNSで話題になっています。しかし、みな色々と誤解されているようなので、ここで解説します。

まず、生活保護受給者が新たに車を所持することは無理だということです。車を買えるほど生活保護費は潤沢ではありません。そして生活保護受給者は車を運転することが禁止されているのです。知人の車やレンタカーなども運転できません。車がなくても最低限の生活はできますよね、という理由です。

問題になるのは車を所持している状態で、生活保護を申請した場合です。この場合も基本的に車を売却するように指導されます。何故なら生活保護には「補足性の原理」があるためです。つまり、生活保護を受けるには利用できる資産は全て活用して、不足分を生活保護で補うということです。ただし、特例があるのです。

・通勤に車を利用する

・自営業で車を利用する

・障害を持っている、病気で通院で車を利用する

・半年以内に生活保護から抜ける予定がある

この四つの内の一つが当てはまれば車を所持出来るかもしれません。まあ、交渉次第なのです。通勤って仕事をしているのに生活保護?と驚いた方もいるでしょうが、給料が最低生活費を下回っていれば生活保護を受給できます。

車の所持にはガソリン代や保険、税金、駐車場の費用などが必要です。これは生活扶助のなかでやりくりするので、生活レベルが最低限の生活に届かなくなる可能性があります。だから福祉事務所の指導は間違っていないのです。

では、車をあきらめた場合どうするのでしょうか。一つは引っ越しすることです。住んでいる所が不便ならば、転居をすすめられるのです。その場合、転居費用は支給されます。

あと、通院する場合は「通院移送費」が支給されますが、障害や病気のために通院が困難であればタクシー代が支給される場合もあります。これも交渉次第で、福祉事務所によっては出さないケースもあるようです。

生活に困窮したら、なるべく早く生活保護を申請しましょう。福祉事務所のケースワーカーも、以前よりは親切な人が増えていると聞きます。車を持つ条件は厳しいですが、どうしても必要ならば支援団体などに相談するのも手です。

 #生活保護

 #生活保護車所持

 

 

 

6月値上げに怒り心頭!値上げ反対デモを起こそう

今日は2022年6月1日、またまた食料品や電気、ガスなどが値上げされました。テレビや新聞で報道されているのに、皆は諦めているのか暴動などは発生していません。いや、暴動を起こせと言っているのではありませんが。

例えば、日清食品カップヌードルが193円から214円に値上げします。約10%の値上げです。仮に全ての買い物が10%値上げとすれば月5万円を消費する世帯は5000円支出増となります。おそらく、この先も値上げが続く可能性が高いでしょう。私は食費を減らすことしか対策がなくて、おかげさまでダイエットができそうです。

石油などの燃料が高騰しているのが原因の一つのようです。一説では「脱炭素化」のために原油の供給量が減っているとも言われています。ホント腹が立ちます。「人新世の資本論」の斉藤幸平さん、あなたに言っているのですよ!

石油高騰の影響をモロに受けるのは農業です。農業機器の燃料、農薬や肥料の材料、そして生産物を運搬するのも石油がなくてはできません。エコロジーの代償は大きいのです。環境破壊が奇跡的に免れたとしても、人類は飢えによって壊滅的なダメージを受けるかもしれません。

その他、ウクライナ戦争やコロナも値上げの原因になっています。そんな中、不思議なのは人々の「沈黙」です。愚痴をこぼす程度です。何故皆は黙り込んでいるのでしょうか。

一部の政治家らは減税を求める発言はしています。しかし、貧困を支えるのも税金なのです。即座に影響はでなくても、減税は将来に悪い影響を与えそうです。いずれまた、増税する必要も間違いなくやってきます。

そこで、値上げそのものに対する抗議が必要なのです。「値上げ反対デモ」を起こすのです。値上げが続けば消費量も落ちて、景気がさらに冷え込むことも考えられます。これは庶民の生活だけではなくて、全ての人に悪影響がでるのです。せめて、電気やガソリンだけでも値上げを阻止すれば、食料品の値上げ傾向も抑えられるのではないでしょうか。

根本的な解決策は、日本でも食料を増産することです。米はもちろん、小麦も大豆も日本で生産できるものです。食料自給率を引き上げることを議論すべきです。労働力の確保の問題や、そもそも、日本で生産するより海外から買う方がずっと安いことも分かりますけれど。

デモの実現は困難かもしれません。しかし、あらゆる方法で値上げ反対の意思表示をするのは大事です。もうすぐ参院選ですので、政治家にも声をあげるチャンスです。私はとりあえず、買いだめしたカップヌードルのためにお湯を沸かします。

 #6月値上げ

 #値上げ反対