闘うブログ!レフティ中尾 社会派!

福祉を主なテーマに書いています。よろしくお願いします。

やはりペンは剣よりも弱いのか。焼身自殺という第二のテロが発生

さて、焼身自殺はテロなのかという議論もありますが、私はテロだと断言します。恐怖や不安を起こすために暴力や破壊をする政治的活動ですから、焼身自殺という行為はまさに暴力的な政治的活動と言えます。皆に恐怖や不安も植え付けるモノです。

堀新さん(13歳からの天皇制の著者)のツイートです。

「いつの間にか『テロ』の定義を勝手に拡大して『自分に危害を加えて政治に影響を与えようとするのもテロだ』とか言ってる者がいる」「すると、現行法上犯罪にならない自殺(リスカや服薬や首吊り)もテロ?犯罪ではないテロという概念が必要になりますが」

何をおっしゃるのか、リスカはテロでも自殺でもありませんよ。当たり前です。焼身自殺とは、政治的な抗議としてはよく知られたモノです。その意思や発言が、政治に全く届かない場合に起こりうるのですが、現代の日本でそれをしでかすのは、私も予想外でした。安倍晋三国葬については、自由に発言をすることが許されています。だから言論で闘えば良いのです。

この焼身自殺の背景に、山上徹也のテロがあるのは間違いありません。テロこそが日本を動かす、最も効果的なモノだと世間に知らしめたのです。まさに「ペンは剣よりも弱い」のです。

こうした地続きがあるので、今回の件はテロと言っていいのです。民主主義のためにはどんなテロにも屈してはならないという鉄則を守ることを忘れてはなりません。私も「国葬」にはどちらかと言えば否定的です。とは言え、焼身自殺者を左派リベラルは何故称えるのかが理解できません。

(その自殺を図った人の意識が戻ったとの報道がありました。回復されることを願います)

 #焼身自殺    

 #テロリズム 

 

明石市長泉房穂がNHKを非難する。NHKは本当に不要なのか

最近、NHKを非難する(批判では無い)声がSNSなどで増殖しています。それは一般の人の声だけでは無くて、著名人もそれを扇動しているようです。明石市泉房穂のツイートを全文載せます。

「『元NHKディレクター』という職歴が恥ずかしくなる。NHKは“不要”であるのみならず、“有害”放送局ではあるまいか。国民から受信料を強制徴収しておきながら、権力に忖度して、国民に嘘を垂れ流す放送局に存在価値はない。なくなった方が国民のためかもしれない…」

NHKのこの番組が酷いとか、〇〇ニュースのキャスターが気に入らないと言うのであれば、それは正当な批判です。そうではなく、NHKを不要だとか有害だとか、何の根拠もなく叩くのは、ただの言論弾圧です。

泉市長がご存知でないはずはありませんが、高齢者の集まるデイサービスや老人ホームなどで見られるのはNHKです。それに民放には逆立ちしてもマネできないコンテンツが揃っています。

NHKスペシャル日曜討論、名曲アルバム、連続テレビ小説ダーウィンが来た、バリバラ、こころの時代など、これらの番組は教養を深められるモノです。なくなったら困りますよ。

NHK叩きの背景には貧困問題があります。昔と違い、NHK受信料や新聞代が払えない人々が増えているのです。これは、NHKや新聞各社の責任とは言えません。仮に将来NHKがなくなったら、次の標的は新聞社です。左派リベラルの著名人が朝日新聞を叩くという時代にはすでに突入しています。

そして、YahooニュースやYouTubeは、基本的に無料であるゆえに非難はされないのです。その後現れるのは言論統制です。だからNHKや新聞社は今なお価値はあるのです。

NHK受信料の問題は、貧困そのものを解消することが解決策になります。新聞も同様です。NHKや新聞を無くして言論の自由は守れないのです。泉市長は、おのれもまた権力者であることを自覚する必要があります。彼を市民派首長と呼ぶのは危険です。

 #NHK   

   #泉房穂 

 #原論弾圧 

 

 

「これは差別じゃなくて区別だよ」に反論します

「これは差別じゃなくて区別です」「差別と区別は違います」という言い回しを好む人たちは一定数いらっしゃいます。例えば、在日中国人や在日韓国・朝鮮人に向けて用いることはよく耳にします。「人種差別はやめましょう」「いいえ、区別しているだけです」というように。

女性や障害者、性的マイノリティなどに使うこともあるかもしれません。「〇〇医大では入試で女性差別をしている」「いいえ、女性は結婚や出産で職を離れるから区別していいのです」

私は思うのです。「区別」も立派な「差別」ですよ。差別≒区別です。

最近では「人種区別派」は高等なロジックを用います。なんと、人種差別撤廃条約を持ちだすのです。少し長いですが、一部引用します。

第1条の1「『人種差別』とは人種、皮膚の色、世系又は民族的若しくは種族的出身に基づくあらゆる区別、排除、制限又は優先であって、政治的、経済的、社会的、文化的その他のあらゆる公的生活の分野における平等の立場への人権及び基本的自由を認識し、共有し又は行使することを妨げ又は害する目的又は効果を有するものをいう」

第1条の2「この条約は、締約国が市民と市民でないものとの間に設ける区別、排除、制限又は優先については、適用しない」

つまり、「人種区別派」は市民と市民でないもの(つまり外国人)を区別、排除、制限をするのは、人種差別撤廃条約で認められている、というのです。一見、一理ありそうです。

一つの例を述べます。大阪府泉南市添田詩織議員の発言が物議を醸しています。2022年7月7日の一般質問で、市が採用している国際交流員について、こう述べています。「市民目線で言えば、中国籍の方が就くのは大丈夫か、ありえへん、怖いという声がある」

国際交流員とは、市内の小中学校に通う外国人の児童・生徒への通訳や異文化交流の授業を担当する人で、そのうち1人が中国出身なのです。ええと、何の心配をしているのでしょうか。ありえへん、怖いというのはどういう意味でしょうか。

自衛官とか警察官に外国籍の人が就くのはいかがなものか、という心配ならまだ分かります。とは言え、小中学生の外国人に授業をする国際交流員に中国人が勤めるのはむしろ適任でしょう。怖いとか、日本に住む外国籍の人達は全てスパイだと思っているのでしょうか。

人種差別撤廃条約の第1条の2は、無制限に用いられるモノではなくて、参政権など合理的な理由がある場合にのみ適用されるのです。外国人が公務員に就く制限は、ダメな根拠があるかどうかで判断すればいいのです。公立学校の教師が外国人であって都合の悪いことはないでしょう。区別というのも多くの場合、差別となるのです。

 #差別

 #区別

 #人種差別撤廃条約

 

 

 

表現の不自由展KOBE行ってきました!

その日の朝は酷く憂うつでした。待ちに待った「表現の不自由展」なのに。チケットも届いたし、会場も知らされた(トラブル回避のため会場は非公開)のですが、過去幾度も急遽中止されているイベントです。間違いなく右翼の皆さんが抗議をするに決まっています。

会場の最寄駅は普段は静かな場所なのですが、右翼さんがマイクで大声で訴えています。「私たちの正義とあなた方の正義は違うのです!」これだけ聞き取れました。意外と右翼さんもまともなことを言っているように聞こえます。会場の周囲には大勢の警察官が取り囲んでいます。とても緊張します。持ち物検査をして、金属探知機をくぐって、チケットと免許証を見せて会場に入りました。やはり、年齢層は高めです。若者は数えるほどです。男女は半々位です。

入り口でいきなり目に飛び込んできたのは、どでかい赤い旗です。「反軍、反帝、反戦」えっと、これは展示物ですか?何と言おうか、大時代的と言うか。成田空港の反戦デモじゃあるまいし。スマホで写真を撮ろうとしると、手が震えます。何度もスマホを床に落としながら撮影します。(写真をSNSに投稿するのは禁止されています)

そして、今回の目玉である「平和の少女像」を見ます。(正式名称は「平和の碑」。「慰安婦像」ではないらしい)。ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、イスを2つ並べていて、その少女の右側に座ることが出来るのです。観察して気づいたのは、少女は思ったよりも大柄で、身長がおよそ160センチ位です(計測したわけではないです)。私はもっと幼い少女を想像していました。10歳から15歳位の。朝鮮風の服装で、何故か裸足です。膝の上の握りこぶしは、何かを訴えているように見えます。表情は人によって印象が異なるようで、私には少し笑っているように感じました。待ち望んだ平和がやってきたのだから。

もう一つのメインイベントの動画を観ます。これまた物議を醸すもので、昭和天皇の写真を燃やすシーンがあります。そりゃ右翼さんも激怒しますよ。

これが想像していた以上にエグくて、写真が激しく燃えているところに、さらにバーナーで焼き尽くすのです。燃え尽きた灰を靴で踏みにじるのですが、まあそれくらいの怒りを持つ人々がいた、ということです。その燃える写真映像の合間に、従軍看護婦になる女性のモノローグが入るのですが、あまり頭に入りません。くらくらします。

他の展示物には、正直なところ印象には残らなかったのですが、一つだけ存在感を放っていたのが豊田直巳さんの写真です。原発事故後の福島を撮影したものですが、全身を白い防護服にまとい「撤去が復興?」「過去は消せず」という看板を掲げる夫婦の写真はインパクトがありました。(繰り返しますが、写真をのせるのはNGです)。

振り返ると、多くの作品はさほど展示に反対されるようなモノではないと考えます。ただ、写真を燃やす動画だけは、さすがに抗議を受けても仕方がないでしょう。しかし、抗議を受けたから展示を中止するということは、あってはならないとも思います。とは言え、表現の不自由展バンザイとは私には言えません。それは思想信条の問題ではなくて、作品の多くがメッセージ性はあっても、芸術的には印象に残らなかったのです。けれども、豊田直巳さんの写真は特筆モノでした。中東の紛争地帯やチェルノブイリにもカメラを持ち込んでいるらしいので、もっと作品を見たいと思いました。

さて、リクエストですが、「私は買われた展」を神戸でして欲しいです。これはこれで物議を醸しそうですが。仁藤夢乃さん、お願いします!

 #表現の不自由展

 #平和の少女像

 #豊田直巳

外国人に生活保護は、世界の常識?外国人への生活保障を手厚くしよう

こんなハッシュタグTwitterで賑わっています。「国葬反対より外国人生活保護反対」いやはや無知って怖いなぁと改めて思います。

まあ、匿名の有象無象はともかく、自民党議員の小野田希美さんも国会でこう発言したのです。

「日本の外国人への生活保護、世界的に見てあり得ない」

情けないのは、こうした発言やツイートにまともに反論できない左派論客たちです。皆さんご存知ないのでしょうか。外国人に生活保護は「世界の常識」ですよ。

ドイツ    37.8%

フランス   12.4%

スウェーデン 59.4%

イギリス   29.6%

アメリカ   7.1%

日本     3.3%

この数字は生活保護を受けている外国人の、受給者全体に占める割合です。ざっくりと言うと、ドイツでは生活保護受給者の内、3人に1人は外国人なのです。人数で言うと、約135万人です。一方、日本では約6.8万人です。桁が違いますね。

なぜ欧州では生活保護を利用する外国人が多いのでしょうか。それは日本とは違い、難民を積極的に受け入れる国なのが大きな要因でしょう。国によって多少制度は異なるでしょうが、基本的に、難民認定されれば生活保護を受ける権利が発生するのです。そして永住者も当然、生活保護を受給できます。

また、外国人の労働者も、一定期間の正規滞在があれば生活保護を受給できます。例えばドイツなら3ヶ月滞在すれば受給資格を得るのです。日本人が就労ビザでドイツで働いて、3ヶ月後に失業すれば生活保護を受給できます。もちろん、初めから生活保護を目的とした入国はどの国でもできません。日本も同様で、中国から40人が入国して、翌日に生活保護を受けたという話はでっち上げです。当たり前ですが。

外国人生活保護反対と訴える人々は、外国人のために1200億円の生活保護費が支給されていると言います。この数字が正しいのかは不明ですが、むしろその程度の金額なの?と驚きます。日本の生活保護予算は4兆円弱です。外国人への生活保障をもっと機能させる余地はあるのです。技能実習生など、生活保護を受ける権利すらない外国人の生存権も考えて欲しいです。外国人を排除すること(生活保護を受けずに祖国へ帰れ)などと言う暴論には強く反対します。

 #外国人への生活保護 

 

 

 

 

 

 

 

速報!住民税非課税世帯に5万円給付。一定の評価はしますが、もっと議論は必要か

政府は住民税非課税世帯への1世帯に付き5万円の給付をする方向で最終調整に入ったというニュースが飛び込んできました。給付金が何らかの形で配られることは予想していましたが、金額や対象者については、もう少し頑張れなかったのかなというところです。

もっとも、岸田首相は事業者や生活者への切れ目ない支援を継続すると述べているので、一律給付金も今後検討していくと思われます。内閣支持率を引き上げるには必須の政策ですから。

Twitter上ではこの5万円給付に不満な声が数多いのです。何故、住民税非課税世帯限定なのか、生活保護世帯に配る意味はあるのかということです。この物価高で苦しんでいるのは他にもいるのに、と。

住民税非課税世帯は、想像以上に数多く、約1200万世帯です。年金生活者や生活保護世帯も含まれています。誤解されがちなのは年金生活者や生活保護受給者も働いている方も多いのです。また、誰しも高齢者になりますし、病気や障害を持って生活保護のお世話になることもあり得るのです。

ただ、ここのところ、年金は申請しても受けられない方も多く、生活保護にも申請の壁があって、満足に機能していないのです。また、今年は生活保護の5年に一度の見直しで、おそらく減額されると思われます。このコロナ禍で最も苦しんでいるのは住民税非課税世帯なのは間違いありません。

だから、本来なら年金や生活保護を手厚くすることこそ必要です。給付金はそれらの穴埋めとしては一時的なものです。また、Twitter生活保護バッシングをする人も、現実を知らないのだなと思うばかりです。

 #給付金

 #住民税非課税世帯

寝る前にお薬を飲む皆様必読!超簡単なお薬が早く効く方法

毎日新聞の記事です。お薬を飲まれる方には見逃せない豆知識です。お薬を飲んだら胃の中へ入り、胃の一番奥の幽門洞へと向かうのですが、そこに早く到達すれば、錠剤は溶けて十二指腸で吸収されるのです。

私は経験的にこのことを知っていました。抗うつ薬睡眠薬を寝る前に飲んでいて、その後すぐに布団に入るのですが、右半身を下にして横になるとスムーズに入眠できるのです。それ以外の姿勢ではなかなか眠りにつけないのです。しかし、その理由については深く考えたことはありませんでした。

記事によれば、お薬を早く幽門洞へと運ぶには、重力と胃の形(もちろん、胃は左右対称ではありません)が関係します。米ジョンズ・ホプキンス大学の教授らの実験で計測した結果、右半身を下にして寝ると、錠剤が溶けるのに10分です。仰向けに寝るか立っていると23分、左半身を下に寝ると100分の時間がかかるのです。

また、胃の状態のわずかな差でもお薬の吸収の早さに影響するようです。糖尿病などで胃の機能が低下していると、やはり錠剤が溶けるまで時間がかかるようです。

寝る前にお薬を飲む皆さん、飲んだら右半身を下にして寝ましょう。この研究は地味なようで、実は大発見ですね。

 #寝る前のクスリ早く効く方法